若手&新任教師おすすめの本20選+α~学級経営からICTまでレビュー高評価のみの厳選リスト~

新任教師オススメの本 新任教師の準備「本編」



教員採用試験に合格したみなさんにとって、着任する4月までは、貴重な自由時間になります。

そこで今回は、そんな自由時間に「教職に役立つ教養を少しでも高めたい」と考えている方に向けて

新任教師が着任するまでに読むべき「おすすめ本」

をご紹介します。

今回、いくつかの本をおすすめするにあたっては

  • 筆者が実際に読んで「良かった」と感じた本
  • 教師が知って損のない「知識」や「ノウハウ」が得られる本
  • 教育初心者でも身構えずに向き合える「読みやすい」本
  • これから時代を生きるための「働き方」や「生き方」について考えられる本

を選んでいます。

また紹介文は、私個人の印象に終始してしまわないよう

  • レビューでの高評価(複数評価があり★4つ以上)
  • 同僚教師の評判
  • TwitterなどSNSでの評判

など、一般的な意見も取り入れておりますので、安心して手にしていただければと思います。

 

あわせて読みたい

▼定額読み放題(30日間無料お試し期間あり)で安く&たくさん本を読みたい方はこちら!

定額読み放題できる教師向けのおすすめ本

教師必見!”定額読み放題”できる方法とおすすめ本14冊を紹介!

▼聴いて読書!できる「オーディオブック」(30日間無料お試し期間あり)について知りたい方はこちら!

忙しい教師が圧倒的教養と読書習慣を身につける方法はコレだ!

 

目次

教師である前に「新しい時代に働く者として必要な教養」を学べる本

これからの時代を生きる若手教師や新任教師にオススメの本

まず最初に「+α」の本を3冊ご紹介します。

その理由は

だいぶつ
教育書以上に「+α」でご紹介する本から学べるコトのほうが、これからの時代に教師として働く皆さんには大切な視点になるからです。

公立学校教員の世界で「イケてる教師」と評価される方々の多くは、ビジネスを中心とした「教育以外の世界」から学んだことを公教育の場に活用しています。

公教育の場にいるからこそ、外の世界に目を向け、これから時代で活躍し続けるヒントを学んでもらいたいです。

 

 

 ゼローなにもない自分に小さなイチを足していく

 

この本は、実業家として有名な「ホリエモン」こと、堀江貴文氏によって書かれた本です。

堀江氏は、教育界にいる私たちには「異端児」のイメージが強く、好きになれない方が多いですね。 

だいぶつ
でも、この本を読むと堀江氏へのイメージが絶対に変わりますよ。

そして、以下のようなコトについて考え、学ぶキッカケを持つことができるでしょう。

  • コツコツと積み重ねる「努力」の大切さ
  • 長い人生の中で「働く」ことの意味
  • 働く上で「大切にするべき」コト

また堀江氏は「日本の学校教育はムダだ」と主張されていますが、一方で、小学校時代のある担任の先生には、強い敬意と感謝の気持ちを持たれています。

本書に書かれたその先生とのエピソードからは、学級に1人はいるホリエモンタイプ「異端児」の気持ちを知ることもできます。

そういう意味でも、私たち教師にとって「必読の書」と言えるでえしょう。 

この本は今なら「無料」でもらえる!

今ならこの本は、Amazon「 Audibleの”30日間無料体験”」を利用すれば、無料でゲットできます。詳しくはこちらからどうぞ

 

 

嫌われる勇気
自己啓発の源流「アドラー」の教え

今、多くの人に注目・支持されている「アドラー心理学」を解説した本です。

内容は、ある青年が

「どうすれば人生を幸せに生きることができるのか」

という悩みを、哲人に相談している様子が「対話形式」で書かれています。

なので、2人の対話を追いながら、読み進めているうちに「アドラー心理学の考え方」を学べます。

 

この本は、数あるアドラー心理学の本の中でも、TwitterなどのSNSを中心に話題になることが多い本です。Amazon.comではレビューの数が「7700」を超え、評価の平均も5段階中の「4.4」と非常に高いです。

社会人の教養のひとつとして、ぜひ一度読んでみてください。

この本は今なら「無料」でもらえる!

今ならこの本は、Amazon「 Audibleの”30日間無料体験”」を利用すれば、無料でゲットできます。詳しくはこちらからどうぞ

 

 

2040年の未来予測

子どもたちに「未来について」話せる先生になる・・・

同時に、未来を見据えて自分の身の振り方を考えていける社会人でもありたくないですか?

 

科学技術について詳しい人にとっては今更感のある話のようですが、教育畑で生きる教師にとってはとても学びになる、ワクワクする話が盛り沢山の一冊。

だいぶつ
ぶ厚いんですけど、サクっと2日で読んでしまいました

日本は先進国の中で教育も含めた社会のICT化が遅れている国のひとつであることは有名な話。

だからこそ、これから世界がさらにどうなっていくのかを知ることは、日本の公教育を担っていくいち教員として大切な事だとも思いますよ。

この本は今なら「無料」でもらえる!

今ならこの本は、Amazon「 Audibleの”30日間無料体験”」を利用すれば、無料でゲットできます。詳しくはこちらからどうぞ

 

 

新任教師が「働き方改革」を着任初日から実践できる本

新任教師が輝くための指南書

次に、Twitterの教師界隈を中心に高く評価されているこの本をご紹介しておきます。

 

さる先生の「全部やろうはバカやろう」

この本は、Twitterの中で多くの現役教師から支持を得ている「さる先生」こと坂本良晶先生(京都府公立小学校教諭)によって書かれた「働き方改革」に関する本です。

2冊ありますが、上の青色の本が初版の本で、下の緑色の本が後に新刊された「図解版&実践版」です。

だいぶつ
これ、メッチャええやん。新任の人にも分かりやすいわ・・・

というのが率直な感想です。

 

内容は、教育効果を落とさずに仕事量を減らす…といった「仕事の生産性を高めるための考え方」と、基本的に定時退勤をされている著者の「実践」が具体的に書かれています。

よくある「ムダな書類を減らすべき」とか「部活動をなくせ」といった制度の問題ではなく

  • 職員室や教室の環境
  • 掲示物の処理
  • テストの処理

など、現場で働く教師の日常業務ついて「誰でもできる改善策」が考え方とともに書かれています。

だいぶつ
新任教師でもすぐに取り組めるコトが書かれていますよ。

また、学級経営のコツについても「オセロ」に例えて、経験のない新任教師でもイメージできるよう簡潔に解説されています。

「児童生徒への接し方」や「教師業の本質」への基本的な部分への理解を深めるという意味で、この後に紹介する本と合わせで読まれれば、着任後の好スタートを切るための良い準備になるでしょう。

 

 

教師という「仕事の特性」や、求められる「心の姿勢」を学べる本

新任教師にオススメできる教師業の本質について考えられる本

経験上、教師の仕事は上手く立ち回るための知識や技術よりも

教師業の特性への理解と、教師としての心の姿勢が大切

だと思います。

ノウハウが「流行」なら、教師業の特性や心の姿勢は「不易」です。ここでご紹介する本は、魅力的な教師になる第一歩として、ぜひ読んでいただきたいと思います。

 

教師力を磨く-若手教師が伸びる「10」のすすめ

この本を読めば、卒業後も教え子から慕われる仲島正教先生の実体験を通して

教師としてあるべき「心の姿勢」

を学べます。

それぞれに悩みや苦しみを抱えた子どもたちを元気づけ、気持を前向きにさせ、学級がひとつになっていく…そんな仲島学級のエピソードの数々に感動の涙を抑えられません。

だいぶつ
私も子どもたちのために頑張ろう!という気持ちにさせられます。

教師を目指される方、着任前の新任教師、また教師生活に慣れて初心の志を忘れかけているかも・・・しれない方に読んでもらいたい一冊です。

 

ちなみにこの本は、私だいぶつの思い出の本でもあります。

私が教師に転職する前の職場でのこと。

教師への転職を前提に退職の相談をした際、絶対に転職希望の社員に前向きなことを言わなかった上司が「教師は素晴らしい仕事だよ。これ読んでみて。」とだけ言って、スッと差し出してくれたのがこの本でした。

実はその上司、筆者である仲島先生の教え子で、今でも先生を慕って交流を続けているそうです。

 

 

「ことばシャワー」の奇跡 生きる力がつく授業

 

この本も

教師としてあるべき考え方、心の姿勢

について学べる良書です。

著者である菊池省三先生は「時には真剣に叱ること」と「ほめること」を大切にした学級経営を実践されながら、公立学校での学級崩壊の立て直しを何度もされてきた、大変有名な先生です。

そんな菊池先生の教師理論と経験談が、実践を交えて具体的に書かれています。

現役教師だけでなく保護者を中心にした一般の方々からも高い評価を受けています。入職の4月までに一度は読まれておくことをおすすめします。

 

 

教師は学校をあきらめない!

学校教育を含めた「教育の目的」を実現するために

教師が大切にするべきことは何か

が書かれていて、保護者を含めた子育てに携わる人たち全員におすすめしたい本です。

 

現役の中学校教師によって書かれた熱のこもった文章に惹きつけられ、教師経験者なら誰もが心当たりのある問題事象とその対応・考え方に共感と納得の連続です。

だいぶつ
考えさせられながらもイッキに読み終えてしまう「引力」がこの本にはあります。

マスコミを中心に発せられる学校現場への批判の嵐を忘れ、教育への前向きな気持ち、そして教師として働くことへの誇りを持たせてくれる一冊です。

 

 

まんがで知るシリーズ(全3巻✕2)

マンガで気軽に読みたい、という人はこちらの本がおすすめ。

まずはこの

「まんがで知る 教師 の学び(全3巻)」

「教師は生涯かけて教師になる」という教師観をベースに、マンガの中で描かれているある教師の日常生活を通して

教師業の全体像と、着任前から知っておくと便利なこと

を無理なく学ぶことができます。

主人公が課題をクリアしていく過程で、学校外で求められるビジネススキルや教育学上提唱されている考え方などが取り上げられている点も多くの読者に評価されています。

この本は以下の3部作で構成されています

  • 1巻:教師は一生かかって教師になる
  • 2巻:アクティブラーニングとは何か
  • 3巻:学校と社会の幸福論

個人的には1巻と3巻がオススメです。

 

 

そして、もうひとつがこの

「まんがで知る 未来 への学び(全3巻)」

先にご紹介した「まんがで知る教師の学び」に続くシリーズ版。

これからの公教育を担うみなさんが知っておくべき基礎知識

について、これ以上ない分かりやすさで学ぶことができます。

だいぶつ
このシリーズ、ホンマ着任前の新任教師には読んでおいてもらいたいですね。

このシリーズも3部作で構成されていて、各巻は以下のようなテーマで書かれています。

1巻の内容
  1. 部活動と教育課程-教育課程とは何か
  2. 学習指導要領-社会に開かれた教育課程
  3. 新しい時代に求められる資質・能力-学習の基盤となる資質・能力
  4. 社会の変化-学び続ける力
  5. 学ぶ意義の明確化-なぜ学び、どういった力が身に付くのか
  6. 学習者の視点-教える側から学習する側へ
  7. 学習評価の充実-相互評価と自己評価
  8. 問題発見解決能力-持続可能な社会づくりの担い手を育む
2巻の内容
  1. 今までの常識を疑う-経済活動とは何か
  2. 対話によって知識を生み出す-STEAM人材のマインドセット
  3. 自分の箱を飛び出す-持続可能な開発目標と大人の行動
  4. 自分事として考える-社会情動的スキルと特別活動
  5. 対立を克服する-理念の共有
  6. 他者のよさを認める-謙虚さと好奇心
  7. 楽しんで学ぶ-よき学び手となる資質
  8. 仲間への感謝と信頼の気持ちを持つ-温かいコミュニケーション
3巻の内容
  1. 問い見いだす-自ら課題や問いを見いだすことの意義
  2. 情報を活用する-資質・能力の視点で見直す教科の学習
  3. 協働して学ぶ-協働的な学びを促すタブレット型端末
  4. 責任を持って行動する-ますます高度になる教師の専門性
  5. 社会のために自分の能力を活かす-優秀な人たちが重視していること
  6. ものを創り出す-変わった人物を尊重する価値観
  7. 相手の行動や考え方から学ぶ-ほかの人の役に立ちたいという考え方
  8. 未来を自ら生み出す-未来への学び

 

 

学校教育の「ICT教育化」の荒波に備える本

学校のICT化に備える教師向けの本はコレだ

「GIGAスクール構想」は、着々と…ではなく、強引にほぼ研修ナシの現場丸投げな感じで進んでいます。先輩教師のみなさんも今までのやり方とこれから進べき道との狭間で悪戦苦闘の状態。

だいぶつ
「公立学校では「ICT関係で頼れる先輩教師はいない」と思ったほうが良いですよ。

そんな荒波の中で「これ読んどけば新任教師としては満点!」という本を1冊ご紹介します。

 

GIGAスクール構想で変える!
1人1台端末時代の授業づくり

1ヵ月後には、担任を持ち、子どもたちと1人1台タブレットで授業を進める・・・そのよう最悪な見通しの中で

悩める教師A
ICT関係で何をしたらエエのか1冊に簡潔にまとめて!!!

と思う方は、まずこの本を読んでおきましょう。

 

今、タブレットを使った学校教育に関する本がたくさん出ていますが、本書は授業をする教師に向けて書かれた「入門的」なモノとしては最も分かりやすく、実践的な良書と言えます。

だいぶつ
図表があったり、文字も入門書タイプの大きい目の文字なので読みやすいよ。

内容としては、以下のようなことが主に書かれています。

  • ICTを活用した「授業の作り方」(6つの授業事例を通して)
  • ICTを活用することで変わる、授業の「見方・考え方」
  • ICTを活用することの「良さ」や「活かし方」
  • ICTを授業で活用する時の「注意点」(教室の荒れを想定して)
  • タブレットPCの「基本的操作」(現実的な場面を想定して)

基本的な内容ですが、現場の先生方でもココまで頭に入っている人はほとんどいないでしょう。

みなさんが先輩へ質問をする前に

先輩教師
私、ICTとかパソコンとか苦手だから若いアナタが教えてね!

なんて声が聞こえる可能性は「極めて高い」と思って、ICTについては自分で学ぶ ようにしましょう。

 

 

新任教師が対応に苦労する「発達障害児」への理解を深める本

発達障害児への理解が進む本を紹介します

新任教師が担任して苦労することのひとつが、発達障害を持つ子どもたちへの対応です。

現代の教育現場で安定した学級経営を実現するためには

独特の感性と行動パターンを持つ発達障害を持つ子への理解

が欠かせません。

理解の対象が幼稚園から小学校低学年くらいの子どもになってる本が多いですが、これらの考えや知識は、高学年や中高生などの対応を考える上でも欠かせない「基本的な考え」になります。

講師経験が無い新任教師でも理解しやすいよう、理屈っぽくなりすぎない本を3冊選びました。

 

保育士・教師のためのティーチャーズ・トレーニング:発達障害のある子への効果的な対応を学ぶ

この本の良いところはとにかく「わかりやすい」ところです。

現場のエピソードや対応を中心に、豊富なイラストと端的な文章で書かれています。

好ましい行動例と好ましくない行動例、ほめ方から無視の仕方まで、具体的な発達障害児に対する指導法が、幼稚園・保育園・小学校での実践事例も交えながら紹介されています。

なので、現場経験の少ない新任教師のみなさんでも現場での対応シーンをイメージしながら読み進めることができます。

 

 

マンガでわかる魔法のほめ方PT:叱らずに子供を変える最強メソッド

教育界で有名な「マンガでわかるよのなかのルール」の著者が書いた姉妹本。

行動療法のひとつ、ペアレントトレーニング(PT)のノウハウを学級集団の中で活用できるように改善させたノウハウを基に書かれていて、発達障害や愛着障碍を持つ子どもたちに有効な手法を学べます。

長編ストーリー仕立てのマンガなので、発達障害に関する知識のない新任教師でも、スッと発達障害を持つ児童とのやりとりをイメージしながら読むことができます。

ガミガミ叱り続けるのって、疲れますよね?だったら…上手に無視してそれから、ほめよう。学校現場・保育現場の気になる子もみるみる変わる「ほめて伸ばす技術」特訓テキスト

Amazon.com内容説明より

 

 

新任教師なら読んでおきたい「教職入門書」的な本

新任教師だけでなく若手教師にもオススメできる入門書的な本

特に新卒で講師経験の無い新任教師は、全てのことが「初めて」の連続。

着任した後は、授業を始め様々な場面をひとりで乗り切ることが求められることが分かっているだけに、着任までの不安感は半端ないと思われます。

そのような新任教師の方にオススメできる「教職入門書」的な本をご紹介しておきます。

 

教員1年目の教科書
初任者でもバリバリ活躍したい! 教師のための心得

こちらは、神奈川県川崎市の公立学校に勤められている現役教師・土居正博先生によって書かれた「新任教師」に向けて書かれた本です。

ご自身の経験を振り返られて

「初任の時に知っておきたかった…」

と感じたことをまとめられています。

学級経営・学級作り、保護者対応、同僚や管理職との付き合い方…さらには自分のスキルアップまで、教師の仕事を「70項目」に分類して分かりやすく説明してくれています。

 

個人的にこの本の良いところは

  • 失敗例を具体的に示してくれている点
  • 辞めたいと思う気持ちへの向き合い方にも触れている点

だと思います。

入職前や新任教師として過ごす日々の中で読みつつ、2年目・3年目の年度初めに振り返って読んでみられると良いでしょう。

 

教師のNG思考

この本を読めば

教師として ”やってはいけない” 6つの考え方

を具体例とあわせて学べます。

教育に絶対的な正解はありません。しかし、避けるべき不正解はあります。

この一文には、教師経験者は誰もが首がもげるほど同意することでしょう。

教師は着任したその日から「ほぼ一人前」の動きが期待されます。特に学級経営がスタートすれば、自分で判断し行動し続けることが求められる瞬間の連続。

そんな時に、星の数ほどある正解を知っていることよりも

やってはいけない6つの考え方を知っていること

ほうが、新任教師の皆さんにとって「分かりやすい判断基準」になり、役に立つハズです。

ところどころで中堅以上の教師に向けたメッセージもありますが、学校の規模が小さければ、2年目からは立派な中堅扱い。場合によっては初年から中堅以上の教師の立場に立たされることも珍しくありません。

  • 着任までの心の準備に・・・
  • 着任してからの活動指針に・・・

教師になるなら1度は読んでおいて損のない1冊です。

 

やっぱり必要?学級経営や児童対応のノウハウ本

だいぶつ
教師の仕事は知識よりもまずは現場に立ち、子どもたちと触れ合い、ともに悩んで試行錯誤するのがイチバン…

と考えている私も、入職後はもちろん、入職前も学級経営や児童対応に関する本を読みました。

全てが役に立つワケではないですが

あらかじめ知識や技術を「役立ちそうなカード」として知っているだけでも、着任時の安心度が違います。

ということで、新任教師のみなさんにオススメできる、学級経営や児童対応の教科書的な本をいくつかご紹介します。

 

授業の腕を上げる法則

この本は、TOSSで有名な向山洋一先生によって書かれた本で

教師が授業を含めた学級経営を進める上で、基本的かつ超重要な技術

が分かりやすくまとめられています。

私は、TOSSセミナーへの参加経験はありませんし、TOSS推しの教職経験者ではありません。それでもこの本は「授業を中心とする学級経営のバイブル」だと思っています。

 

特に、第一章の「授業の原則」に書かれた10の原則 は、児童・生徒とコミュニケーションを取る教師に必要な基本技術が分かりやすく、具体的に書かれています。

新任教師だけでなく「子どもたちが指示通りに動いてくれない」と悩む現役教師の方々にもオススメできる内容です。

新任教師の皆さんは、入職前に  第一章「授業の原則」だけでも、読まれることをおすすめします。

 

 

学級づくりに自信が持てる
ちょこっとスキル

最近、多くの若手教師を中心に評判が高まっている学級経営のノウハウ本がこちら。

Youtubeの「みんなの教育技術チャンネル」で活躍されている高橋朋彦先生と、菊池省三先生が主宰する「菊池道場」の岩手支部長で、Twitterでも多くのフォロワーを持つ古舘良純先生の共著。

公立学校の現役教師のお二人が現場で培われた最新のノウハウが書かれています。

 

本書には、日常の学校生活で行われる「朝の会」「給食」「掃除」などの場面ごとに「子どもたちを成長させるためのスキル」が見開き2ページで紹介されています。

写真等の資料が豊富な上、紹介されるスキルの背景にある考え方も示されているので、着任前の新任教師や経験の浅い若手教師がスキルの目的や理由を理解しながら読み進められます。

きっと、学級経営でのピンチを救ってくれる「ちょこっとスキル」に出会えるハズ。

ぜひ、着任までに一読し、着任後は状況に応じて読み返すようにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

新任3年目までに必ず身に着けたい!
子どもがパッと集中する授業のワザ74

教師経験者なら誰しもが実感することですが、ちょっとした言葉がけや工夫ひとつで、子どもたちの集中力や動きはガラっと変わります。そのようなノウハウがギッシリと詰まったのがこの本です。

だいぶつ
担任としての経験が少ない方や子どもの扱いに不安を持つ先生方におすすめです。

子どもへの接し方から、学級崩壊の予防的な話まで、書かれているコトのひとつひとつが、手軽にすぐに実践できる技ばかりなので、とても実用的。しかも、筆者である西野先生の教育理論に基づいて書かれているので、ひとつひとつのノウハウに理論的な繋がりがあり、継続的かつ安定した学級経営をもたらすきっかけにもなります。

子どものコントロールが上手なベテラン教師が持っているちょっとした…でも痒いところに手が届くノウハウ74個が、1冊の本に詰め込まれています。

次にご紹介する「統率のワザ68」とも合わせて読まれるのも、効果的で良いと思います。

 

 

新任3年目までに必ず身に着けたい!
子どもがサッと動く統率のワザ68

先にご紹介した「子どもがパッと集中する授業のワザ74」のシリーズものです。

学級崩壊とその解決を経験してきた東京都公立小学校教師の西野先生の経験をもとに書かれた本です。

こちらの本も「授業のワザ74」と同じく、子どもたちを動かすためのノウハウが「教育哲学を持つことの大切さ」を軸に書かれており、多くの教職関係者から高い支持を得ています。

西野先生のこれら2冊の著書の特徴は、教職5~10年の中堅教師からも高い支持を得ていることです。

だいぶつ
ワタクシもよく見直して参考にさせてもらってます・・・

初任者にありがちな学級崩壊を予防するためにも「授業のワザ74」と合わせて読めば、準備としては万全と言えるかもしれません。

学級崩壊の対処に悩む教師が時間も労力も10分の1で解決する秘密。
負のループから脱して、学級をスムーズに動かす秘訣は、学級が崩壊する前の予防にあります。                  Amazon.comの説明より引用

 

自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方

やる気になる言葉がけのできる教師になりたいのであれば、読んで損のない本です。

だいぶつ
文章も易しく、具体例も豊富に挙げられていて分かりやすい。だいぶつ”超”オススメの1冊。

幼児期から思春期まで、子どもを自立した大人に育てるために必要なほめ方や叱り方が、具体的な言葉遣いの例を交えて紹介されています。

子どもの気持ちを認め、受け入れすぎることへの弊害になどの現実的な課題についても言及されているので、子育てや教育現場に携わる者が読んでも、最後まで納得して読み進めることができます。

この本は今なら「無料」で読める!

今ならこの本は、Amazon「 Audibleの”30日間無料体験”」を利用すれば、無料でもらえます。

また、Amazonの電子書籍定額読み放題サービス「KindleUnlimitedの”30日間無料体験”」を利用すれば、この本を含めた沢山の本が30日間限定で無料で読み放題です。

 

 

子どもの心をつかむ!指導技術「ほめる」ポイント「叱る」ルールあるがままを「認める」心得

学級経営に大切なのは、何よりも子ども達との「信頼関係」です。

そんな子ども達との信頼関係の築き方について、わかりやすく説明してくれている点で、新任教師だけでなく、子どもとの良好な関係を築ききれない現役教師の皆さんにもオススメしたい本です。

子どもたちへの指導において、「ほめる」や「しかる」に加えて「認める」ことによる信頼関係づくりの必要性と方法について分かりやすくまとめられています。

 

「ほめる」ことの大切さについて書かれた本はたくさんありますが、「認める」ことの重要性を指摘している本はなかなかありません。

  • 叱咤と激励はセット
  • 叱るは後でほめることがゴール

といった、子どもたちの指導に長けた教師であれば誰もが納得する・・・でも意外と気づきにくい貴重な視点で語られている超良書です。

 

 

子どものためのルールブック-あたりまえだけと、とても大切なこと

「どうして宿題を出さなければいけないのですか?」

「どうして整理整頓をしなければならないのですか?」

といった、

学校生活でよくある50のルール・常識への疑問に対する答え

が書かれています。

 

分かっているけど、なかなか言葉としてうまく伝えられない…

そのようなことについて分かりやすく解説されています。なので、ルールや常識のひとつひとつに意味や価値があることを理解できます。そして、自信を持って子どもたちにルールや常識を守ることの意義を伝え、求められるようになることでしょう。

 

次にご紹介している、子ども向け「みんなのためのルールブック~」とは違って、筆者の教師としての実体験を交えて詳しく説明されています。

アメリカの小学校教師による著書ですが、文化的背景などのギャップは全く感じません。逆に、どこの国も人として求められる資質や態度は同じなんだな、と思わされます。

 

 

みんなのためのルールブック-あたりまえだけと、とても大切なこと

ベストセラーとなった、先述の本「子どものためのルールブック-あたりまえだけど、とても大切なこと」の子ども向けの本です。

低学年の子どもでも読めるよう、各ルールへの説明が100文字前後の文章と大きな挿絵で表現されています。

時々「〇〇は大切だからやりましょう」的な、答えになっていない説明が書かれていることもありますが、やさしいしい言葉で理解しやすい説明をするヒントを得られるという点で、これから子どもたちと触れ合う新任教師のみなさんにオススメできる1冊です。

大人用の「子どものためのルールブック-あたりまえだけど、とても大切なこと」と合わせて手にされることをオススメします。

私は、自分で読んだ後に学級文庫として置いていますが、よく読まれているので擦り切れてボロボロになる度に追加購入しています。

 

 

新任教師にある「道徳授業」への不安を吹き飛ばす入門本

新任教師にオススメの道徳入門本

新任教師の皆さんは、道徳科の授業を4月からやれる自信はありますか?

基本的に私は「新任教師は教科指導に関する準備は要らない」と思うのですが「道徳」はそうはいきません。

なぜなら

道徳は他の教科と違って「ポイントを外す」と全く学びにならない「0点授業」になりかねないからです。

これは、教師から結論を教えず、子どもたちの経験や価値観に基づく発言から答えを導き出す…という道徳授業の性質上、仕方のないことではあります。しかし、そのことが多くの現役教師を悩ませているのが現実です。

そこで

「最低でも60点の道徳授業」はできるようになる入門書的なものを2つ

ご紹介します。

新任教師
なんだ60点か

なんて思わないでください。

ベテラン教師ですら、道徳で60点の授業をコンスタントにやれる人はほとんどいません。新任教師のみなさんはまず、道徳授業をする上で最も重要なポイントへの理解を深めて「60点」の授業をコンスタントにできるよう、頑張ってください。

どちらも、道徳授業の入門書としてだけでなく「バイブル」として、長らく愛用できる本だと自信をもってオススメできます。

 

 

島恒生・吉永幸司の
みんなでつくる「考え、議論する道徳」

文部科学省が設置した専門会の委員を務めるだけでなく、日本文教出版の教科書編纂の中心となった畿央大学の島恒生先生が、国語指導で有名な吉永幸司先生とコラボして著作した「道徳授業の入門書」です。

この本で注目すべきは、道徳授業で子どもたちに議論させたい「道徳性」に関する説明部分です。

「氷山」に例えられた道徳授業のねらいとなる「道徳性」に関する解説は目からウロコ。これは島先生の著書でないと触れることのできない説明です。

だいぶつ
ここを読むだけでも「この本を読む価値がある」と言えるでしょう。

また、実際に道徳の教科書でよく使われる「定番教材」を扱った授業展開例と板書例が、小学校低学年から中学校まで計11個も示されています。

さらには、それぞれの授業例ので中で「中心発問の迫り方の例」について、例の「氷山」の例えになぞらえてマンガ形式で解説されています。なので、子どもたちに気づかせたい「道徳性」をシッカリと押さえられる授業センスを磨くことができます。

 

 

加藤宣行の道徳授業実況中継

インターネットの書籍販売ページで「道徳・授業」で検索すると、出てくる出てくる・・・

多くの道徳指導に関する名著を執筆されるだけでなく、現役小学校教諭として日々実践をされている筑波大学付属小学校の教諭の加藤宣行先生による「道徳授業の入門書」です。

 

この本では前半に「導入・発問・終末・板書・ノート・評価」に関する解説を、それぞれ見開き2ページで分かりやすく解説しています。

特に注目なのは「発問」に関するページ。

子どもにありがちな「浅い発言」を深く掘り下げていくための「問い返し」のコツが丁寧に書かれています。

本の後ろ8割は、定番の道徳教材を使った加藤先生の授業をそのまま文章におこした「実況中継」で占められています。しかも、その数10回分!

さらに、板書だけでなく、子どもたちが書いたノートの実物を加藤先生の評価や解説付きで掲載されています

だいぶつ
道徳授業の初心者にとって、こんなに丁寧でありがたい本ないですよ!

道徳授業をイチから学びたい方にはぜひオススメしたい一冊です。

 

 

安く&たくさん本を読みたい方にオススメ!「定額読み放題サービス」

 スマホで教師にオススメの本を読み放題

本を読むのには当然お金が掛かります。

新任教師
本はアタリハズレがあるから…
ベテラン教師
教育関係以外の本もたくさん読みたい…でもお金が…

 そんな方にオススメなのが

Kindle Unlimited

です。

KindleUnlimited」とは Amazonが展開している電子書籍の読み放題サービス のことです。

  • 月額980
  • 初回の30日間は無料(無料期間中の退会可能)
  • スマホと時間さえあれば無制限に本を読める
  • スマホで読めるので荷物にならない

という超オトクなサービスです。

教育はモチロン、経済、文化、小説・実用書・ビジネス書・マンガなど、あらゆる分野に和書のみでも合計12万点以上のタイトルが読めます。教科や指導の知識だけでなく、幅広い教養が求められる教師にはありがたいですね。

定額読み放題なので 本屋で立ち読みをする感覚で本を読み漁る ことができます。

だいぶつ
どれだけ読んでも定額(980円/月)なので、読んで「面白くない」と思った本を「お金が勿体ない」という気持ちだけで最後まで読む必要もなくなります。

何よりうれしいのが「無料体験期間」(入会日から30日間)があることです。

始めてみて「自分には合わないかな?」と思ったら、お試し期間の間に退会すれば料金は一切掛かりません

まずは無料体験期間だけ利用するつもりで試してみましょう。

あわせて読みたい

▼コチラの記事では「KindleUnlimited」で読めるオススメ教育本の一例を紹介しています。  

定額読み放題できる教師向けのおすすめ本

教師必見!”定額読み放題”できる方法とおすすめ本14冊を紹介!

 

読書は面倒くさい…時間が無い…という方には「オーディオブック」

 忙しい教師でも作業しながら聴いて読書ができるオーディオブック

読書の大切さは分かってはいるけれども 

新任教師
活字を読むのって何か面倒くさくて苦手・・・
ベテラン教師
他にやらなければならないコトが多くて時間が無い・・・

という方にオススメなのが

「オーディオブック」

です。

 

「オーディオブック」とは

目や手を使わずに耳で聴いて読書ができる音声サービス

のことです。

端末はスマホ、タブレットに対応しているので、アプリや本のデータをダウンロードをしてしまえば、いつでもどこでも聴いて読書ができます。

なので

  • トイレや風呂に入りながら
  • 疲れた目を休めながら
  • 歩いて前を見ながら
  • 車を運転しながら
  • 満員電車で押しつぶされそうになりながら

といった、いわゆる「ながら読書」ができます。

 

最近、この「オーディオブック」の利用者が増えてきています。

そして、各オーディオブックのサービスにも「1か月の無料体験期間」があります。

だいぶつ
入会してみて「合わないな」と思ったら期間内に退会しましょう。そうすれば利用料金は一切かかりません。

興味のある方は、ぜひ下の記事で「オーディオブック」についてチェックしてみてください。

▼オーディオブック(30日間無料お試し期間あり)について知りたい方はこちら!

忙しい教師が圧倒的教養と読書習慣を身につける方法はコレだ!

 

まとめ:読書は「ほどほど」に…新任教師は知識だけでなく心の姿勢や態度

新任教師は4月から入るの未知の世界に期待と不安が交錯します。

  • ブラック公務員・・・
  • 学級崩壊・・・
  • モンスターペアレンツ・・・
  • 言うコトを聞かない子ども・・・
  • 先輩教師からのパワハラ・・・

そんな不安を少しでも和らげ、少しでも良い形で教師人生をスタートさせられるよう、教育に関する知識を学ぶために本を読む・・・

それは大切なことではありますが、絶対的なものではありません

準備としてどれだけ本を読んで知識を吸収しても、不安は払拭できませんし、失敗も避けられません。

 

むしろ大切なことは、失敗をどのように受け入れ次につなげていくか…ができる

心の姿勢や価値観・人間的な資質

だと思うのです。

 

教職に必要とされるたくさんの知識は、教師としてデビューしてからでも充分に間に合います。

だいぶつ
同じやるなら、現場に入って真剣に悩む中で知識を吸収したほうが、集中力も高まって効率良く学べますしね・・・

なので、入職前に読まれる本は、あれもコレも網羅するのではなく「ほどほど」で抑えましょう

そして、ほどほどに抑えることでできた時間を有効活用して、今しかできない経験を積まれることをおススメします。

 

本記事では、そのような筆者の考えから、

新任教師にピッタリの「入門書的」な本

に厳選して紹介してきました。

なので

ここでご紹介した本を各分野1冊ずつでも読んでおけば、教師の仕事理解について、新任教師レベルでは間違いなく「合格レベル」

です。

だいぶつ
ご紹介させていただいた本を手に取られた先生方が、少しでも良い形で4月を迎えられれば幸いです。

みなさんの教師生活が、素敵な出会いと涙と笑いで溢れるものになることを願います。

頑張ってくださいね。

 

あわせて読みたい

▼定額読み放題サービス(30日間お試し期間あり)を使って教育本を読みたい方はこちら

定額読み放題できる教師向けのおすすめ本

教師必見!”定額読み放題”できる方法とおすすめ本14冊を紹介!

▼聴いて読書!スキマ時間や作業時間で読書できる「オーディオブック」(30日間無料お試し期間あり)について知りたい方はこちら

忙しい教師が圧倒的教養と読書習慣を身につける方法はコレだ!

▼新任教師が春までに準備すべき必需品の紹介はこちら

教師おすすめグッズ&必需品!新任準備やプレゼントにはコレ!

▼新任教師が春までに準備すべき経験やスキルに関する記事はこちら

新任教師の準備でするべきこと~着任までの3ステップ+αで上位10%の準備を~