教育実習お願いマニュアル~事前打ち合わせ依頼の電話方法・時間・時期・注意点など~

教育実習依頼の電話マニュアルアイキャッチ 教育実習



今回は、実習先への教育実習のお願い(打ち合わせ依頼)の方法についてご紹介します。

実習先(自分が卒業した学校)への教育実習のお願い方法は今のところ

教育実習のお願い(依頼)の手段は電話のみ電話のみ!

のハズです。

え~っ!メッチャ緊張する・・・いつ、どうやって話したらええのん!?

という方のために、以下の情報をまとめました。

  • 依頼電話をするべき「時期」と「時間帯」
  • 電話をする時の「注意点」
  • 実際にあった電話での「会話例」

参考にして、教育実習の良いスタートを切ってくださることを願います。

本サイトと大学側から伝えられる情報との違いがあれば、大学側の情報に合わせてください。

 

打ち合わせ(オリエンテーション)も含めた教育実習での服装や髪形について知りたい方は コチラの記事 を参考にしてください。

教育実習で求められる「服装と髪型」アイキャッチ

教育実習の服装・髪型はどうするべき?~男女別アドバイスもあるよ~

新型コロナウイルスに関する教育実習の方針などについては、文部科学省のホームページ などで確認しておきましょう。

 

依頼電話をするべき「時期」と「時間帯」

教育実習のお願いは電話で

まずは最初の教育実習の相談電話をいつするべきか、についてお伝えします。

  • 時期:実習希望の前年の4月下旬~5月下旬
  • 時間帯:10時~11時、13~14時(授業中)

 

時期

教育実習依頼をする時は時期に気をつけましょう

時期は

実習希望の前年の4月下旬から5月下旬あたり

が良いと言われています。

例えば

2023年度に実習を希望するなら、2022年の4月下旬~5月下旬あたりに連絡をする

のが理想です。

4月中旬までは年度初めであり、慌ただしい時期ですので避けましょう。

それが落ち着き始めた頃ということで4月の下旬から5月下旬あたりが良いでしょう。

できればGW前には連絡されることをオススメします。

 

必ずこの期間でないと受け入れてもらえないというこどではありませんが、遅くなればなるほど実習期間が遅くなる可能性があります。

また、早すぎても学校側の予定がハッキリしないので、受け入れること自体はOKであっても、最終回答が保留になる場合があります。

 

時間帯

時間帯にも気をつけましょう

電話をするタイミングは時間帯も考えましょう。

依頼の相談を受けてもらう職員(実習担当や教頭)が比較的落ち着いている時間帯を狙って電話したほうが良いです。

具体的には

授業中

の時間帯を狙うのが良いでしょう。

だいぶつ
早朝や終業後(特に17時以降)は絶対に避けましょう

 

授業中の時間帯は学校によっても違いますが

  • 9:30~11:00
  • 13:30~14:30

あたりであれば、授業中である確率が高いと思われます。

短縮校時であってり、午前中だけの授業である場合を考えると、午前中の「9:30~11:00」の時間帯がベストだと思われます。

 

実習先のホームページに校時表が公表されているなら、それを参考にしましょう。

近所の人や知り合いをツテに確認しても良いですね。

 

 

電話をする時の「注意点」

教育実習のお願い電話をする時の注意点

実習先にお願いの電話をする時には、先述の事柄を含めて以下の点に気をつけましょう。

  • 電話の時間帯に気をつける
  • 伝える可能性のある情報の書き出し
  • メモと筆記用具を準備する
  • ハッキリ口調
  • ていねいな言葉づかい
  • 静かな屋内で電波の安定した場所で電話をする

 

 

時間帯に気をつける

忙しい時間帯や時期に電話してしまわないように気をつけましょう

これは先述のとおりです。

できるだけ授業中の時間帯を狙って電話をしましょう。

 

伝える可能性のある情報の書き出し

教育実習依頼の電話の前に必要事項のメモを忘れずに

緊張すると自分の大学名すらハッキリと伝えられない場合があります。

これも先述したことですが、聞かれる可能性のあるコトは書き出しておくなどして、落ち着いて確実に伝えられるように準備 しておきましょう。

電話前に書き出しておくと良いコト
  • 現在在籍している学校名、学部名
  • 実習先に通っていた時に住んでいた住所や地域名
  • 卒業年と担任教師の名前
  • 免許の教科(中学・高校の場合)
  • その他

 

 

姿勢や環境

相手に見えなくても姿勢や環境も万全に

電話は自分の様子が見えません。

なので、話をする時の姿勢や周りの環境に気をつかわない人がいます。

見えていないようで、そういったコトは伝わるものです。

  • イスに姿勢よく座る
  • 机の上はメモや必要な書類・資料などを整理し、余計なものは置かない
  • TVや音楽など余計な音を立てない(窓も閉める)
  • 空調を適切な状態にする
  • トイレなどの用は済ませておく
  • 可能なら固定電話を使用し、スマホなら電波の安定した場所を確保

などの配慮は必要です。

やりすぎなくらいに万全にしてから電話をしましょう。

 

 

言葉づかい

気を付けるべき言葉づかい

悪い印象をあたえないためには、適切な言葉づかいを心がけましょう。

語尾

特に語尾は「です・ます」を使用しましょう。

自分を指す言葉は「わたし・わたくし」を使いましょう。

 

敬語

敬語表現など丁寧な言葉づかいにも気をつけましょう。

丁寧にしようと気をつかいすぎることで、変な敬語になっている人が少なくありません。

 

例えば、2重敬語というのはご存知ですか?

「ご意見をおっしゃる」

は「意見」と「言う」を続けて丁寧に言い替えているのですが、こういう表現は余程でなければ使いません。

ココは

「意見をおっしゃる」

としたいところですね。

 

また、接客業を経験している人にありがちなのですが

「~させていただく」

という言葉を必要以上に・・・といいますか、連発する人がいます。

先述の2重敬語に似ているのですが

「お持ちさせていただく」
「お伝えさせていただく」

のような言い方になる人が多いです。

言う側からすると、できる限り丁寧を尽くしているのですが、聞く側からすると気持ち悪いです。

「お持ちします」
「お伝えします」

「持たせていただきます」
「伝えさせていただきます」

で十分です。

 

口ぐせ

口ぐせは、種類やその頻度によって印象を悪くします。

文章と文章の合間や少しつまった時に「口ぐせ」が出やすいのですが、相手にとっては聞き苦しかったり、自信がないように思われてしまいます。

気を付けたい「口ぐせ」
  • え~
  • えっと~
  • まあ
  • あ~
  • あの~
  • その~
  • やはり~
  • ていうか・・・
  • 要するに・・・

など、心当たりがあれば気をつけてください。

 

横文字

教育実習の依頼の電話で横文字を多用するのは危険です。

電話で相手の表情も見えないので、できるだけ印象良く終わりたいものですが、横文字の多用は一般的にも相手の印象を悪くするNG行為とされています。

気をつけたい「横文字」
  • イニシアティブ:主導権
  • プライオリティ:優先順位
  • カテゴライズ:分類
  • コンセンサス:意見の一致
  • エビデンス:証拠
  • スペック:能力
  • フィックス:決定・固定
  • シェア:共有

学校職員の中には国語科に熱心な方を中心に、横文字を毛嫌いする人もいるので気を付けたいですね。

 

 

話し方

気を付けるべき話し方

言葉遣いだけでなく、話し方にも気をつけましょう。

話す速さ

話をする時のスピードは、速すぎず、遅すぎずに話をしたいですね。

人間は緊張すると早口になる傾向があるので、気を付けましょう。

理想は 「1分間に400文字程度のスピード」と言われています。

原稿用紙半分を1分で話すくらいのスピードですね。

多少の早い遅いは個性で片付けられますが、普段の生活などで話すときの早さについて指摘をされたことのある人は要注意です。

 

間の取り方

話をする時は間の取り方も大切です。

相手の話をシッカリと最後まで聞くように心がけ、話を途中でさえぎってしまわないようにしましょう。

質問に対して返答する時も、間髪入れずに始めるのではなく、ひといき間をおいてから話し始めるようにしましょう

 

抑揚

話をする時に 棒読みにならない よう、気を付けましょう。

事前に言うことを全て書き出して読む方がいますが、一字一句まちがえずに話そうとすると棒読みになりがちです。

メモは単語レベルにおさめて、要点をおさえながら自分の言葉で話ができるようにすれば、棒読みになることを防げることが多いです。

逆にメモを単語レベルにしてしまうと上手く話せない方、手元にあるメモを見ながら話す練習をしてみましょう。

 

実際にあった電話での「会話例」

教育実習依頼電話の会話例

実際に実習先の学校へ電話するとなった時

実習生
何て言えばいいんだろう・・・

と悩みますよね。

最後に、私が実際に行った依頼電話での経験を元に、会話例をご紹介しておきます。

絶対的な会話例ではありませんが、様子をイメージしてもらう材料にしてもらえればありがたいです。

 

教育実習依頼電話での会話例

学校側
はい、〇〇小学校です。
実習生
私、卒業生の〇〇と申します。教育実習の相談でお電話させていただきました。教育実習のご担当の先生はいらっしゃいますでしょうか。
学校側
少々お待ちください。
実習担当
はい、教頭(教育実習担当)の〇〇です。
実習生
私、卒業生の〇〇と申します。お忙しいところ恐れ入ります。教育実習をお願いしたいのですが、相談いただけますでしょうか。
実習担当
だいじょうぶですよ。何年のご卒業で、最後の担任の先生はどなたでしたか?
実習生
はい、〇〇年に卒業させていただきました。6年生では〇〇先生に担任していただきました。
実習担当
わかりました。まずは、一度ご来校いただいて詳しくお話したいのですが、〇月〇日の〇時に来てもらえますか?
実習生
はい、かしこまりました。〇月〇日の〇時にお伺いします。必要な持ち物などはありますでしょうか。
実習担当
上履きくらいで大丈夫です。書類については大学側に確認いただいて、持ってこれるものをご持参ください。
実習生
かしこまりました。では、〇月〇日の〇時にお伺いします。お忙し中ありがとうございました。よろしくお願いします・・・

 

教育実習お願いの電話から実習は始まっている

実習依頼から教育実習は始まっている

教育実習を充実したものにするためには、実習校の協力が欠かせません。

実習校で自身の実習に関わっていただく方々に前向きな気持ちになってもらうためにも、第一印象のきっかけになる教育実習のお願いの電話は大切にしたいものです。

教育実習のお願い(打ち合わせ依頼)の電話から教育実習は始まっています。

そのことを意識して、お願いの電話に臨みましょう。

みなさんの教育実習が実りあるものになることを願っています。

 

本ブログ「だいぶつ先生ネット」では教育実習に役立つ情報を提供しています。

以下の記事もぜひ参考にしてください。

  • 教育実習に必要な持ち物を知りたい方は コチラの記事 を参考にしてください。
  • 服装や持ち物について知りたい方は コチラの記事 を参考にしてください。