教員採用試験「論作文・小論文の例文&解答例」3府県一発合格した現役教師の論作文ネタ公開

教員採用試験の勉強法「小論文・論作文」

教員採用試験で合否のカギを握る論作文・小論文試験の模範解答として例文・解答例(模範解答)を紹介します。

何れも筆者が受験当時に準備した論作文ネタです。

本記事で公開する課題は以下の通りです。

公開する例文の課題一覧

  • 信頼される教師
  • 学力低下
  • 教師に求められる資質
  • 学習習慣の定着
  • 心の教育

いずれも、筆者が教員採用試験を受験した当時に作成して活用した論作文ネタですが、求められている書き方の基本は今も変わりません。

課題にも不易にあたるものを選びましたので、今でも使える考え方です。

ぜひご利用ください。

ご利用いただくにあたって、下記の点についてご理解ください。

  • 公開する例文は、何れも5段階判定で4以上(B以上)の論作文ですが明確な記録が残っていないものもあります。記録の残っている例文には評価を記しています。
  • 何れも10年近く前の論作文ですので、現在も同様の評価をされる保証はありません。
  • 本例文は自由にご活用いただいて結構ですが、拡散を始め、筆者が不利益を被る行為は控えていただきますようお願いします。

あわせて読みたい

▼教員採用試験に合格できる「論作文・小論文」書き方について知りたい方はこちら

論作文・小論文の書き方アイキャッチ

教員採用試験・論作文の書き方~10のコツ&模範解答~

2019年3月24日



 テーマ①「信頼される教師」

論作文例

信頼される教師とは、お互いが本音で話し合える人間関係を児童や保護者との間に持てる教師である。辛く厳しい状況にこそ、相談されるような、そうした信頼を得るため、私は、以下の点に取り組んでいく。

第一に、児童全員をひとりの人間として尊重することである。不公平な扱いをしたり、自分を認めてくれない教員を児童は信頼しないだろう。したがって、正確で深い児童理解が私に求められる。児童理解の第一歩として、児童一人ひとりの学習面や生活面について振り返る時間を毎日持つ。そして、振り返るだけでなく、こうした児童観察の記録を残す。記録を残せば児童把握が進み、理解度が深まると同時に継続的に指導する価値ある資料となる。また、記録の少ない児童がいることは、私の指導の偏りを意味し、意識的に声を掛けるなどの軌道修正もできる。 児童を指導する場面では「行為は否定しても人格は否定しない」ことや、「カウンセリングマインド」を持って対応する。保護者には、児童の問題点のみならず、その問題を乗り越えて成長していく様子や、生き生きと学校生活を送る様子を、自分のことのように感情豊かに報告するなど、子育てのパートナーとして連帯感を持ってもらえるような工夫をする。

第二に、児童が意欲を持って確かな学力を身につけられる授業を行うことである。児童が私と多くの時間を共有するのが授業である。授業の充実は、児童の心の安定と教師への信頼をもたらすと考える。具体的には、教材研究に力を入れ、学習意欲を喚起する。例えば、第三学年の国語の単元である「きつつきの商売」で、森の雨音が再現できるようにCDで音源を確保するなど、具体物を活用する。森の中で聞こえる雨音を自分の耳で感じながら、想像を膨らませるのである。さらには、学年園など、校内の自然と関われる場所で「自然のいい音探し」をする。そして動物になりきり、きつつきに音を紹介する手紙を書く。自然とのかかわりを通して、楽しみながら考えて文章を書く経験ができると考える。

 

以上、私の考える信頼される教師と信頼を獲得するための具体的な取り組みについて述べてきた。より効果的な取り組みを実現するためには、児童や保護者の声、そして先生方のご意見や事例から学ぶ姿勢を持ちたい。一歩踏み込んだ指導と謙虚な反省とを繰り返し、児童と保護者から信頼され続ける教師をめざしたい。

評価

総合評価 : A 23/25 

  • 課題の把握:5/5
  • 文章力:5/5
  • 論旨の明確性・一貫性:4/5
  • 内容の充実度:4/5
  • 教師としての適性・熱意:5/5

※当時、提出した添削サービスから受けた評価の平均値です。



テーマ②「学力低下」

論作文例

学力低下は、次世代のわが国と世界の発展の成否に関わる問題である。また、子どもたちが社会の一員として有意義な生涯を送るのに必要な「生きる力」を構成する「確かな学力」に関わる問題であり、学校の役割、責任は大きい。

私が教員として指導するにあたっては「表現力」を豊かにするための取り組みに力を入れたい。表現力は「確かな学力」を支える要素であると同時に、将来の共同的な社会生活を豊かにする上で大切なコミュニケーション力の基礎だからである。

具体的にはまず、「読み・書き」の力をつけるために音読と視写を徹底したい。音読については国語の学習の中で何度も繰り返し読ませる。繰り返し続けると苦手な子も少しずつ上手く読めるようになる。得意な子には「相手に文章の意味が伝わる工夫」として、句読点や声の強弱を意識させるようにする。書くことについては視写を授業や宿題で積極的に取り入れたい。沢山書かせることで書くことへの抵抗感を無くし、作文力の向上にも繋がると考えるからである。

このような「読み・書き」の土台作りと平行して、教科の枠を超えて実践的に自分の考えを自分の言葉で表現する機会を持たせたい。具体的には、児童の発言内容に「論拠」を重視する。例えば、算数の時間での発表は、答えに加えてその理由を説明させる。このことは子どたちに論理的に考える機会をもたらし、想像力や思考力を深めるだけでなく、数や式、図表、グラフ等の算数的言葉を利用して表現をより豊かにする力も育成できると考えている。

以上、私の考えている実践について述べてきた。こうした実践をより有意義なものにするため、学習意欲の喚起が欠かせない。日々の活動から子どもたちが見せる小さな伸びを見逃さず、ともに喜ぶ姿勢を持ち、その成長をがんばった成果として自覚させる。学ぶことの意義を、子どもたちの日常生活や将来像と照らし合わせて伝えていくような工夫を含め、実践していきたい。

評価

総合評価不明



 テーマ③「教師に求められる資質」

論作文例

私たちに求められている資質や能力には、教育者としての使命観や人間の成長・発達についての深い理解、生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、これらを基盤とした実践的指導力などがある。しかし、それらの原点はすべて子どもの視点に立つことだと考える。子どもの視点に立てば、私たちに求められている事が見えてくる。子どもたちだけでなく保護者や地域から信頼される教師になるために、私は以下の取り組みを実践する。

第一に、努力をする。特に授業を充実させる努力をする。子どもたちにとって授業は学校生活の大部分を占める。授業を充実させることは子ども達の心の安定をもたらし、日常生活全体に良い循環をもたらすと考える。そのためには、子どもたちの実態把握やそれに基づく教材研究といった「準備」と授業後の「反省」に力を入れる。特に「準備」については、子ども達の興味・関心を惹くための創意工夫をする。例えば、立方体の導入でさまざまな大きさの直方体と立方体のモデルを用意する。そして、手触りだけでどちらかを当てるゲームをする。このような教材との出会いにおける工夫が、子どもたちによる直方体と立方体の違いの理解を助けると考える。

第二に、叱ることよりほめることを重視する。例えば、掃除をやらない子どもの指導については、その行為を叱るのだが、その場ではできるだけ簡潔に叱る。皆の前であれば当然のこと、そうでなくとも長い間、自分の行為について否定的な話をされると冷静に判断、理解できないことがあるからだ。そして、まじめに掃除をする子をほめる。ほめる時はみんなの前でほめる。同時に「どうして良いのか」を、学級全体で考えて学級の総意として掃除をする子の良さを認める。それは、掃除をする子に自信を持たせると同時に、話し合いを通して、掃除をやらない子どもたちに「掃除をすることの意義」を素直に伝えられると考えている。

以上、私の考えを述べてきたが、仕事を進める上で、目的と手段を履き違えない事も大切である。これは8年間の社会経験から学んだことのうちのひとつである。何をするにおいても「子どもにとってどうなのか」を基準にして考え、努力していきたい。

評価

総合評価 : A  24/25

  • 課題の把握:5/5
  • 文章力:4/5
  • 論旨の明確性・一貫性:5/5
  • 内容の充実度:5/5
  • 教師としての適性・熱意:5/5

※当時、提出した添削サービスから受けた評価の平均値です。



 テーマ④「学習習慣の定着」

論作文例

学習習慣は、児童が生涯にわたって有意義な生活を送る上で欠かせない要素である。学習習慣が日々の学習の積み重ねを可能とし、児童の将来に大きな可能性をもたらす。そして学習習慣を定着させるためには、児童が学習意欲を持ち続けることが必要である。しかし、PISAなどの調査から見える児童像には学習意欲の高さは伺えない。つまり、児童に学習習慣を身につけさせるために、学習意欲を持つきっかけを与え続けることが私達の役割のひとつであると考える。

そのための取り組みとして、私は、日々の授業を充実させる。低学年には「分かる喜び」や「できる喜び」を感じさせる授業を、高学年には勉強したことを活用して「学習が役に立つこと」を実感できる授業を実践する。

具体的には、低学年では「できた時にほめて自信を持たせること」を徹底する。基礎・基本的な知識や技能を身につけるための反復学習が退屈な作業にならないよう、児童の成長を発見したその場で具体的にほめる。算数のドリル学習では、過去と比べて「○の数が増えたね、よく頑張ったなあ」また、書写の時間で「払いが上手くなったね」「○○さんの姿勢は背筋が伸びててすばらしい」など、皆の前で良い点を明確にしてほめる。高学年では、国語の時間で物語の読みを深めた成果として、1年生への読み聞かせを行う。1年生が夢中になって聞く姿を目の当たりにしたり、喜びの声を聞いたりすることで、勉強する意義を実感させる。また、キャリア教育の一環としてアナウンサーなどの人気のある専門職はもちろんのこと、どのような仕事でも相手に伝わるように、伝えたいことに応じた工夫をすることが大切であること。そして、今の学習がそれらに必要な能力の養成に結びついていることに気付かせる場を授業の中で持つようにする。

そして、これらの活動をより効果的なものにするためには、児童ひとりひとりへの正確で深い理解が欠かせないと考えている。児童の発達段階や家庭を含めた生活背景を理解し、児童それぞれに効果的な指導が行き届くようにする。そのためには、日頃の児童への声かけや保護者とのコミュニケーション。それらを通してわかった事の記録などの創意工夫を継続して取り組み、学習習慣の定着に向けて取り組んでいきたい。

評価

総合評価不明



 テーマ⑤「心の教育」

論作文例

今、子どもたちの心の問題として、自己中心的で、善悪の判断に基づいて自分の欲求や衝動を抑えることができないことが指摘されている。携帯電話やインターネットを使ったいじめや、簡単に動物を殺してしまうことはその一例である。教育実習の期間に立ち会った子ども間のトラブルの多くも、考える前に短絡的に行動したり、相手の立場に立たずに判断したりすることが、事を大きくさせていた。つまり、子どもたちが豊かで協働的な人間関係の中で生きていくためには、是非とも「自律心」の養成が必要なのだと考える。

そもそも自律心は、相手を想う気持ちや善悪を判断する基準、価値観、信念などから構成される高度な心の在り方である。心理の多様性を含めた自律心の育成が、私たち教員を目指すものに求められていると考える。

そこで私は、教員として、自律心を育む教育実践を行うにあたり、「自己への問いかけ」を徹底する指導を行いたい。例えば、友達同士で起こるトラブルは、心の在り方を問う格好の教材である。当人に反省を促すにあたっては、結論を急がずに「自分の行為は正しかったと思うか」、「本来どうすべきだったのか」を考えさせ、結論を出させたい。特に「自分がされる側ならどう思うか」の問いに「嫌だと思う」のみではなく、「なぜ嫌なのか」について考えさせる。両親や友人のように自分を大切に考えてくれる人々への影響に思いをいたさせる。また、嫌な思い出を生涯背負って生きていく辛さなどを含めて、深く考えさせるのである。

自分自身を深く見つめ直す際には、「自分で考えて自分で結論づける」ことを難しくても迫りたい。私から一方的に指導上の指摘を受けるより、自分で自身の心の在り方に反省を深める方が「生きる力」の育成として有効だろうし、理解が深まると考える。指導者の立場からは、真摯な反省を認め、心の成長をほめて、自己の行為に責任を持つ大切さを獲得させたい。

以上のように自律心を育むことを目的に「心の教育」を実践していきたいが、状況によってはクラス全員による話し合いも取り入れたい。そうすれば、他人の考えから自己をみつめ直す視点も生まれる。学級という集団が期待する心の在り方も議論される。こうした学級自治的な活動が集団としての自律心も育むものと考えている。

評価

総合評価 : B 21/25

  • 課題把握力4
  • 文章力4
  • 論旨一貫性4
  • 内容充実度4
  • 教師としての適性・熱意 5

※当時、提出した添削サービスから受けた評価の平均値です。



まとめ:教員採用試験の論作文&小論文は「正しい書き方」を習得すれば、誰でも上手に書ける

今回は、教員採用試験の論作文・小論文の文例として5つの論作文をご紹介しました。

一見難しく感じられたかもしれません。

しかし、教員採用試験の論作文・小論文の書き方は、マスコミなどの民間企業のそれとは違う独特なものです。

しかし、正しい方向性で対策い、書き方知り、習得しさえすれば誰でも合格レベルの論作文・小論文を書くことができます。

しかも、教員採用試験において論作文・小論文をマスターすることは「面接や討論」のレベルアップにもつながります。

その理由を始め、論作文・小論文対策ノウハウは、本ブログでも紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。