教員採用試験「合格できる志望動機」の作り方~明確で説得力を持たせるコツとポイント~

教員採用試験の面接で使える志望動機 教員採用試験の勉強法「面接・討論」

教員採用試験の対策を進める上で「志望動機」を準備することは重要です。

なぜなら、望ましく確かな志望動機があれば、教員採用試験の面接試験で有利になるからです。

この記事では、教員採用試験を受験予定の方を対象に、教員採用試験に向けた志望動機の作り方(

書き方)のコツやポイントについてお伝えします。

試験官が納得する志望動機を準備するためのヒントにして下さい。

あわせて観たい

▼教員採用試験で勝てる「志望動機」の作り方について、Youtube動画で学びたい方はこちら。

Youtube「だいぶつ先生ネット」志望動機の作り方その①

※三府県三連勝の一発合格した本サイト管理人が使用した志望動機を公開しています。



 

教員採用試験と志望動機

教員採用試験の受験に志望動機はつきもの

教員採用試験でなくとも、あらゆる採用試験において「志望動機」は重要です。

そのことは受験生の中で常識中の常識である一方で、多くの受験生を悩ませるのも「志望動機」です。

なぜなら

ほとんどの受験生には教師を志望する明確で立派な動機はない

からです。

殆どの受験生がこの世に産まれてからの日常生活、各行事、出来事などを経験する中で培われた価値観を基にして

仕事に就くとしたら何がいい?

と考えた時に、他の仕事と比べて相対的に

受験生
う~ん教師がいいかなあ…

と思いついた程度なのです。

受験生
衝撃的で忘れられない出来事をきっかけに教師の道を志した
受験生
小さいころから教師になりたくて、教師になるために生きてきた

そんな受験生は、ほとんどいないハズです。

ですから、明確な志望動機が無いコトに自信を無くす必要はありません。


志望動機は「未来と過去を結びつけて」作ろう

教員採用試験の志望動機の書き方…それは過去と未来を結び付けて書く

それでも教員採用試験に合格するためには「明確な志望動機」が必要です。

試験官に「教師を志した理由は何ですか?」と言う質問にシドロモドロでは、教員採用試験に合格できません。

では、明確な志望動機が無い受験生がどのようにして志望動機を作るべきか

「未来」と「過去」を結びつけてつくる

のがコツです。

では、ココで言う「未来」と「過去」について具体的に説明をします。

 

「未来」とは「教師観や指導観」

書き方のコツは、志望動機の未来とは教育観のこと

志望動機の「未来」とは「教師観や指導観」のことです。

つまり

自分が教師になったらどのような指導をしたいのか

というコトです。

例えば

  • 日々のコミュニケーションを通して子どもたちとの信頼関係を築く
  • 子どもたちにまずは自信を持たせる指導をする
  • 子どもたちを褒めて自尊感情を育てることを最優先に考える
  • 体を動かしたり声を出したりすることを通して子たちに元気と活力をもたらす

など、イロイロあるはずです。

 

志望動機というと

  • 打ち込んできたクラブ活動での経験
  • 今も尊敬する教師との出会い
  • 仕事やアルバイトでの経験
  • ボランティア活動での経験
  • 過去の学校生活での経験
  • 熱中してきた趣味を通しての経験

など「過去の1点」を想像しがちですが、違います。

志望動機を話す上で大切なことは、「過去の1点」だけではなく

「未来」…あなたが教師になったら何にこだわって指導をしていきたいのか

を明確に伝えるコトなのです。

その語りができなければ、面接試験の突破は難しい…と思ってください。

 

「過去」とは教師観・指導観を抱いた「キッカケ」

書き方のコツは、志望動機の過去を教育観を抱いたキッカケと理解すること

志望動機の「過去」は自分が描く「未来」の理由、つまり

「教師観や指導観」を抱くようになったキッカケ

のことです。

「価値観」は人間の経験によって培われるものです。

したがって、自分で考えた「教師観や指導観=教師になったらどのような指導をしたいのか」が、過去の自分のどの部分から培われてきたのかを考えましょう。

 

それは何であっても構いません。

他の人と比べてありきたりで、インパクトに欠けることであっても自信を持って話ができるようにしましょう。

・打ち込んできたクラブ活動での経験
・今も尊敬する教師との出会い
・仕事やアルバイトでの経験
・ボランティア活動での経験
・過去の学校生活での経験
・熱中してきた趣味を通しての経験

など、何でも構いません。

大切なことは「インパクト」ではなく、「説得力」です。

 

考えるのは「過去」からでも「未来」でも構わない

書き方はどちらからでもOK

冒頭で、志望動機は「未来」と「過去」結びつけて作ると…お伝えしました。

「未来」からつくると「過去」に結びつかないのであれば、「過去」を振り返ってから「未来」を作っても構いません。

大切なことは

受験者が話す「教師になった自分の未来像」と「教師を志望する動機になった過去の経験」が結びついていること

です。

そこが結びつかなければ、試験官に「ウソの志望動機」ととらえられても仕方ありません。

 

何となく教師を志した方は「過去」からスタートしたほうが、やり易いかもしれません。

すでに明確な「未来=教師観や指導観」を持てている人は、その「教師観・指導観」を持つようになった理由について過去の自分を振り返って考えてみましょう。

それが「きっかけ=動機」です。

志望動機は「未来と過去を結びつけて」つくるコトが大切です。

 

「過去」は「近い過去」でも良い

書き方のコツ…近い過去でもOK

「過去」というと、自分が小学校から高等学校に通っていた時代などの「遠い過去」を想像しがちです。

しかし、志望動機のきっかけとしての「過去」は遠い過去でなくても問題ありません。

例えば、講師経験をしている方は日々の講師での経験から「教育観が変化する」ことはあり得る話です。

教師を志望するきっかけになったのが過去のクラブ活動を通して…であっても、過去のクラブ活動での経験と、今自分が思っている教育観とがつながらないのであれば、そのきっかけになった講師経験をあわせて正直に話しましょう。

「志望動機は〇〇なことを子どもたちに伝えていきたいからです。もとは高校時代のクラブ活動の経験から△△のような教育をと考えていましたが、講師の経験を通して〇〇の大切さを感じ、それを今も実践しています。これからも大切にしていきたいです。」

というような具合で語れば伝わるはずです。

志望動機のキッカケになる過去は遠い過去でなくても良いです。むしろ近い過去であるほうが、現実的で説得力があると言えます。


志望動機にタブーはない

志望動機にタブーは無い

世に出ている志望動機のつくり方に関する意見の中に、「志望動機に〇〇ネタはアウト」という考えがあります。

私は

基本的に志望動機にタブーはない

と思っています。

なぜなら一般的によく〇〇ネタはアウトと言われる志望動機を使って合格している人が普通にいるからです。

 

特によく「アウト」と言われるのは「尊敬する教師との出会い」を志望動機に挙げるパターンです。

でも「尊敬する教師との出会い」が本当に教師を目指すきっかけになったのであれば、それは仕方のない話です。

本当にそうなのであれば自信を持って正直に話すべきでしょう。

ホントの志望動機なら自信を持って話そう

ただ「尊敬する教師との出会い」が「志望動機としてアウト」と言われるのには理由があります。

それは「尊敬する教師との出会い」を志望動機とする受験生の多くが、その志望動機について深く聞くと説得力に欠けるケースがあまりに多いからです。

志望動機への考えが浅く、小手先で済ませようとする受験生がよく選ぶ志望動機が「尊敬する教師との出会い」なのです。

そのような場合、本当に尊敬するレベルではなく「マシだったという程度の教師」を志望動機に挙げることになるので、質問を重ねれば重ねるほど説得力に欠けるパターンが多くなります。

なので、結果として試験官や面接指導の経験のある方からすると「アウトなケース」と認識されてしまっているのです。

 

それでも、基本的に志望動機にタブーはありません。

みなさんが本当に教師を志望するきっかけになったコトであり、そこから得たことを将来の教師生活に活かしていきたいのであれば、何であっても志望動機として自信を持って発信してください。


志望動機は簡潔で分かりやすく

志望動機がある程度固まったら、文章で簡潔かつ分かりやすく伝えられるように整理しましょう。

話す順序は「未来→過去」で

 

志望動機の書き方は未来から過去へ

志望動機を話す上で大切なコト

それは

志望動機を「未来→過去」で話す

ということです。

質問内容は「志望動機」ですが、試験官が知りたいのは「動機」よりも「受験者の教育観」です。

「受験者の教育観」を知るために「志望動機」を聞いている、ということを意識しましょう。

例えば、以下のような流れで話ができれば理想的ですね。

志望動機の例

<未来>
これまでの経験から、子どもたちが自己肯定感を持って学校生活を送れる手助けをしていきたいと考えたからです。

<過去>
小学生の頃、勉強も運動も苦手で何をするにも後ろ向きな子でした。

しかし、6年生の時に担任だった先生が、普段から頻繁に私に声をかけてくれたり褒めてくれたりしたので、少しずつ気持ちが前向きになり、自分にもやれそうな気がしてきて、学習活動にに前向きに取り組むめるようになりました。そのおかげで今の自分があると思っています。

<未来>
ですので、これからは私が教師として子どもたちに声かけをしたり褒めたりして、子どもたちの自己肯定感を育んでいきたいと考えています。

 

長さに応じて複数パターンを準備する

志望動機の長さは複数準備しよう

志望動機だけではありませんが、面接で言うことが決まっている事柄については、求められる長さに応じてパターンを複数準備しておくことが大切です。

特に「志望動機」と「自己PR」は最低でも以下のパターンを想定して準備しておくべきでしょう。

  • 15秒
  • 30秒
  • 1分

1分以上語るパターンを作る場合には、具体的なエピソードを入れると良いでしょう。

基本的には「15秒、30秒、1分」の3パターンで十分です。

 

しかし、よくある志望動機ほど個性が問われます。

深く突っ込まれた場合に、様々な観点から具体的に語れるよう、志望動機に関わるエピソードについてはシッカリと振り返り、その経験や経験から得た価値観をどのような場面で活かしていけるかを考えておくことが大切です。

例えばこんな質問にサラっと応えられるよう準備しておくと良いでしょう。

そのあなたの考えを、学校の教育現場のどの場面で活かしていけると考えていますか?具体的にひとつ答えて教えてください。




理想は「志望動機」で語る教師観・指導観が「面接の返答」と結びつくコト

志望動機で語る教師観が面接での返答で結び付くようにしよう

「志望動機」は志望動機を聞かれた時だけ答えているようでは「志望動機として弱い」です。

理想は

志望動機を基にした「教師になったらやりたいコト=教育観や指導観」が他の質問に対する返答でもにじみ出るようにすべき

です。

例えば、志望動機で

受験生

子どもたちのとのコミュニケーションを大切にし、自尊感情を育む教育をしていきたい

と答えた以上、他の質問に対する答えも「子どもたちとのコミュニケーションを大切にして自尊感情を育む教育」を基にした返答を心掛けていきたいところです。

 

そうすることで、志望動機に説得力が生まれます。

そして、試験官に自分のことを理解してもらいやすくなります。

分かりやすさは大切です。

みなさんが面接会場を出られた後、試験官が「あの人はこんな教師になってくれそうだな」というイメージつくるコトが大切です。

 

まとめ:教員採用試験攻略のために「明確な志望動機」を持つことは基本中の基本

明確な志望動機は必ず準備しよう

いかがでしたか。

今回は教員採用試験を攻略するために必要不可欠な「志望動機」の作り方(書き方)について説明しました。

「明確で説得力のある志望動機」は、特に教員採用試験の面接試験で大きな戦力になります。

片手間でパパッと作ってしまうのではなく、過去の自分を振り返りながら…そして、自分の理想の教師像を描きながら時間をかけて作ってみてください。

もちろん、試行錯誤しながら「途中変更」するコトもありです。大アリです。

 

教員採用試験の面接官にみなさんの魅力が伝わる「志望動機」がつくれること、そしてみなさんが教員採用試験に合格されることを願います。

がんばってくださいね。

あわせて観たい

▼教員採用試験で勝てる「志望動機」の作り方について、Youtube動画で学びたい方はこちら。

※三府県三連勝で一発合格した本サイト管理人が使用した志望動機を公開しています。

 

あわせて読みたい

▼華やかな実績が無くても勝てる自己PRの書き方について知りたい方はこちら

教員採用試験・自己PRの書き方&作り方アイキャッチ

教員採用試験「自己PR」の書き方~誰でも勝てるPR作成法~

2019年8月10日