教採合格後すぐに準備して身に着けておくべき4つのスキル

新任教師の準備「スキル編」

教員採用試験に合格されたみなさん「おめでとうございます」。

来春から教壇に立たれることが決まった今、新しい仕事や子どもたちとの出会いに対する期待と不安でいっぱいだと思います。

そんな中、誰もが抱く「春までに何を準備しておくべきこと」について、本サイトでは以下のように整理してお伝えしています。

新任教師が春までに準備するべきこと

今回は「合格後すぐに準備するべきコト編」をお伝えします。

教員採用試験に合格してから着任まで、約半年間という長い空白期間があります。この期間を利用して、比較的時間の掛かる準備「教師・社会人として着任までに準すべき最低限のスキル」を身につける行動を起こしましょう。

「教師・社会人として着任までに準備すべき最低限のスキル」とは、具体的に以下の4つを挙げることができます。

新任教師が着任までに準備すべき4つのスキル」
  1. パソコンスキルの習得
  2. 自動車運転免許の取得
  3. 社会常識・教養・マナーの習得
  4. SNSでの情報受発信力の習得

これらのスキルは何れも準備に時間が掛かります。

習得済でなければ、着任前の準備として今すぐにでも習得のために行動を起こされることをオススメします。

では、それぞれのスキルについて必要な理由とあわせて内容を詳しく説明します。

あわせて読みたい

▼「新任教師の準備」について、合格直後から春の着任直前までの流れを知りたい方はこちら

新任教師の準備マニュアル~着任までにするべき3ステップ+α~

2018年8月13日



スキル① パソコンスキル

教師の仕事をする上で、ある程度のレベルでパソコンを使えることは重要です。

日常生活ではスマホの普及でタブレットの活用が主流です。そして、国が推進しているギガスクール構想で児童生徒に1人1台配布されるのもタブレット形式とされています。

しかし、私たち教師はタブレットに加えてパソコンを仕事で使うことが要求されます。

なぜなら、今の教育現場ではパソコンを使って通知票などの書類を作成するのは当然のことで、研修での講習の受講や出張での会議をWEBミーティングで済ませたる流れが急激に広がっていてるからです。

それを受けて、多くの自治体では教職員にノートパソコンを貸与する流れが進んでいます。つまり、パソコンを使って仕事をするのがアタリマエになってきているのです。

しかし、難しいソフトを使いこなしたり、設定をしたり、プログラムをしたり…といった高度なスキルは要求されません。

そしてこの記事で紹介する「身につけておくべきパソコンスキル」も

「無いと困る」レベルの最低限必要なスキルのみ

です。

なので、万が一身についていないのであれば、必ず着任までに身につけておいてください。

「教師が着任までに準備するべきパソコンスキル」は、具体的には以下を挙げることができます。

  • Microsoft Office ワード&エクセルの基本操作
  • ブラインドタッチ

Microsoft Office ワード&エクセル
の基本操作

MicrosoftOfficeの「ワード」と「エクセル」については、基本的な機能が使えるように準備しておきましょう。

Microsoft Officeの「ワード」とは文書作成ソフトであり、「エクセル」は表計算ソフトのことです

今の学校は、教職員がMicrosoft Officeの「ワード」と「エクセル」を使えることが前提で環境が整備されています。

とは言え、「ワードとエクセル」にある機能を完璧に使いこなす必要はありません。

 

「ワード」は学年だよりや学級通信を始め、ワークシートを自作する時など幅広く使われています。

以下のような、基本的な機能が使えるようになっていれば大丈夫です。

  • 文章の書き込み
  • 文字の装飾
  • 図表や画像の挿入

校務分掌では、前年度の担当者がワードで作成したデータの一部を修正するだけで仕事が完了する場合も多々あります。

なので、ワードがある程度使えると、文書作成に掛かるコストパフォーマンスは格段に向上すると言って過言ではありません。

手書きに自信がある人も必ず使えるように準備しておきましょう。

「エクセル」は集計作業や一覧表などの作成で使われます。

公立学校は情報のデータベース化が整備されていない(現在進行中)ので、何かと集計するのにエクセルを使います。

エクセルの場合は以下の機能が使えるように準備できていれば、仕事で困ることはほぼなくなるでしょう。

  • 表の作成
  • 合計・平均など、基本的な計算プログラムの設定
  • 入力データを元にした各種グラフの作成
  • 図表のや画像の挿入や装飾

担当になればエクセルで集計ツールを作ることもあります。そうでなくとも「エクセルに入力してくださいね」と言われた場合、エクセルに慣れていないと不便を感じます。

必ず使えるようになっておきましょう。

 

書籍とYoutubeで学ぶのがオススメ

Microsoft Officeの「ワード」や「エクセル」については、スクールに通ったり学習用ソフト学ぶも良いですが、Youtubeの動画を活用して学べるコチラの書籍がオススメです。

この書籍を参考に、チャンネル登録者数が40万人を超えている(2020年9月現在)Youtubeの動画で学ぶ方式で、動画は講師の音声による丁寧な説明もあります。

初心者から中級レベルまでの機能を、動画で実際の「ワード」や「エクセル」の画面を見ながら学ぶことができます。

同じくMicrosoft Officeにある「パワーポイント」は使えれば便利ですが、ワードやエクセルほどの重要性はありません。

新任教師の段階で、パワーポイントでプレゼンテーションしなければならない場面はそうそうないはずですので、まずは「ワードとエクセル」を使えるスキルを準備しておきましょう。

そうなくとも、各機能の表示ボタンなどが「ワード」や「エクセル」と類似しているので、「ワード」と「エクセル」に慣れておけば、「パワーポイント」に慣れるのに時間は掛かりません。

 

ブラインドタッチ

ブラインドタッチのスキルは、パソコンを使った仕事のスピードを格段に向上させます。

必ず着任までにできるように練習しておきましょう。

ブラインドタッチとは

視線をパソコン画面に向けて、キーボードを見なくてもタイピングをスラスラできるスキル

のことです。

これができないと、パソコンで文章を書くのに時間とストレスがかかります。

一見難しそうですが、取り組んでみると意外と短時間で習得することができます。

私は学生時代に1日30分の練習を10日くらい続けるだけで、ブラインドタッチができるようになりました。

ブラインドタッチ練習用のフリーソフトもネット上にたくさんあります。有料ソフトも1000~3000円で販売されています。その中で気に入ったものを使えばよいでしょう。

 

おすすめタイピングソフト

こちらのソフトは、値段が1000円以下と安い点と、ひととおりのタイピングに関する練習を抑えられているという点でオススメできる練習ソフトです。

指の位置から覚えられる点、そして、図表などを豊富に使っている点で、パソコンに慣れていない人にも安心して使ってもらえます。

パソコンのタイピングは「指の位置」が大切です。指の位置に自信のない方は、我流ではなく一般的な指の位置を習得されることをおすすめします。

練習ソフトを選ぶ際に「指の位置」から練習できるものを選ぶことをオススメします。

 

スキル② 自動車運転免許の取得

自動車運転免許は何かと必要です。

まだ自動車運転免許を取得されていない場合は、すぐにでも取得しましょう。

仕事が始まると教習所に通う時間が取れないので、着任する4月までに必ず取得しましょう

自動車運転免許の取得を勧める理由はまず、通勤で自動車を使う自治体があるからです。政令指定都市レベルの大都市圏でなければ、おそらく自動車通勤が基本になると思われます。

また、そうでなくとも学校行事で車の運転が必要になることもあります。

例えば野外活動で学校からの持ち込み荷物が必要になったり、地域の廃品回収で自治体の軽トラを運転することになったり…何かと車が運転できると便利なことがあります。

そうでなくとも、日常生活で近場に気軽に移動したり、休暇中の旅行にレンタカーを活用したりと、車を活用して行動範囲を広げられるようにしておくと、とても便利です。

また「運転免許証」は車の運転のみならず、社会人として身分証明の必要な場面でも役に立ちます。

自動車学校への通学であれば3か月ほどで取得できますし、短期(約1ヵ月)で集中して取得したければ短期合宿を利用するのもいいでしょう。



スキル③ 社会常識・教養・マナーの習得

教職員は「社会人の一員」です。

保護者との関わりはもちろん。同僚や先輩の先生方との関わりでも「社会常識やマナー」が問われます。

そして「5年で常識が大きく変わる」と言われるこれからの社会の荒波に乗って生きていくためには、教職に関する事だけでなく、幅広い教養を身に着けるために勉強し続けることが大切です。

 

「基本的なマナー」の習得

礼儀作法やマナーを身に着けよう

人と接する際の「基本的なマナー」を習得しておくように準備しましょう。

教師の仕事は基本「接客業」であり「サービス業」

だと考えるべきです。

そして、もちろん職場の先輩方や同僚に対しても失礼にならない立ち振る舞いができることも必要ですね。

丁寧すぎる対応は気持ち悪がられることもありますが、イザと言う時のためにも最低限のマナーは実践できるように準備しておくべきです。

主には以下の3点は、意識しなくても実践できるように準備しておきたいところですね。

  • あいさつ
  • 敬語
  • 身だしなみ

自信のない人は、アルバイトなどで接客のある仕事を選んでみるか、ビジネスマナーを勉強できる講習会に参加したりするなどしても良いでしょう。

また、以下のようなビジネスマナーについてまとめられた本を一読しておくことも良いでしょう。

 

教養を身につける

教師になるための準備として幅広い教養を学ぶべし

日本人サラリーマンの1ヵ月の平均勉強時間は「6分」と言われています。

社会人として、生き残りを賭けて、1日6分以上は勉強しましょう。

他人との比較は絶対的な目安にはなりませんが、人よりも勉強に時間を掛けることは、これからの時代を生き抜くために必要な要素であることは間違いありません。

教員採用試験に合格したら勉強は終わりではありません。

これから日々勉強し、成長し続けなければ、たとえ教育”公務員”であっても充実した日常を送り続けることは難しくなるはずです。

 

教職以外の分野も学ぼう

教職以外の分野の知識も積極的に準備しよう

これからの教師は今まで以上に、教職以外の分野を学ぶことが大切になります。

特に、次のような分野の教養を身につけておくことは、みなさんのこれからの人生を有意義にするために必要だと思います。

  • ビジネスマインド(成功者の考え方)
  • メンタルヘルスに関する知識
  • お金に関する知識(投資・保険・為替など)

これらの教養を身につける方法としては以下の2つを挙げることができます。

  • 動画や音声コンテンツ
  • 読書

 

低コストな「動画」や「音声」コンテンツ

動画や音声コンテンツで教養を身につけよう

現代は、Youtubeを始めとする「動画」や、インターネットラジオなどの「音声」によるコンテンツで、様々な立場の方が自らの考えや経験を発信しています。それらを活用して教養を高めることができます。

低コストという点で、私も多くの情報を動画や音声コンテンツから得ています。

作成者以外に受けているチェックの数が少ないので、信頼性の面でややリスクはありますが、専門性の高い裏話的な情報も入手できる点でとても魅力的です。

 

やっぱり勉強は「読書」がイチバン

教養を学ぶなら読書がイチバンなのは間違いない

とは言え、やはり勉強をする上で「読書」を超えるオススメはありません。

なぜなら、出版されるまでに数多くのチェックを受けているという点で、本の権威と信頼性はYoutubeやインターネットラジオから発信される情報に比べて群を抜いているからです。

 

「動画&音声」と「読書」を使い分けよう

読書と動画・音声コンテンツは使い分けよう

とは言え、本は動画や音声コンテンツに比べて「読書」はコスト高です。

インターネットを使った動画や音声コンテンツは通信料や基本料金を払ってさえいれば、少しでも興味があるコンテンツをドンドン視聴できます。しかし「本」の場合、そうはいきません。

なので、オススメは手軽に低コストでYoutubeやインターネットラジオを活用し、どうしても「読みたい」と思う分野や作者が書いた本については、コストを掛けて「読書」を通して勉強をする方法です。

現代は「情報」も大量消費の時代。自分の置かれた立場や考えをもとに、精度が粗くとも低コストな「動画」や「音声」コンテンツと、信頼性が高くとも高コストな「読書」をうまく使い分けて学ぶスタンスを取りましょう。

 

本が苦手な人にオススメ「オーディオブック」

これからは「聴いて読書」して教養を学ぶ時代

教養を身につける上で、読書することがイチバンであることは理解いただけたと思うのですが

だいぶつ
活字を読むのが苦手だから、読書はいやだ

という人・・・いませんか?

勉強ができるできないに関わらず「活字を読むのが苦手だから読書は嫌い」という人は一定数いるようです。

実は私だいぶつもそのひとりです。

そんな

「活字嫌いの読書嫌い」の人にオススメなのが「オーディオブック」

です。

「オーディオブック」とは、サービスサイトに登録をして本代に相当する課金をすれば、プロの声優が本を朗読した音声をスマホで聴くことができるサービスです。

つまり、Youtubeやインターネットラジオを聴くのと同じ環境で「聴いて読書をすることができる」のです。

 

オーディオブックは時間を有効に使える

オーディオブックは、本の内容をイヤホンで聞くことができるので

  • 家事をしながら
  • 座って目をつぶりながら
  • 外に出て移動しながら

読書をすることができます。

なので、わざわざ「読書」のためだけに時間を取る必要がありません。

また、慣れてくると朗読スピードを速めることができるので、読了までの時間を早めることもできます。

あわせて読みたい

🔽オーディオブックのサービスについて詳しく知りたい方はこちら

忙しい教師が圧倒的教養と読書習慣を身につける方法はコレだ!

2020年1月11日

 

スキル④ SNS等での情報の受発信力の習得

SNS等をフル活用して情報の受信&発信ができるように準備しておきましょう。

これは賛否両論あるかもしれませんが「情報の受発信力」はこれからの時代を上手に生きていく上で、教師に限らず必要なスキルです。

なぜなら

インターネットで日本全国、世界中の教師が情報を発信する時代では、誰から学ぶかは自分で選ぶ時代

だからです。

今、ネット上では、最先端の考えや技術を駆使して、日々の教育活動に取り組んでいる先輩方の多くが、惜しむことなくその考え方や技術を発信しています。

つまり、これからは学校内のせまい範囲で、縁あって知り合った先輩教師から教えられることが全てではなくなります。

そんな時代に、上手く生き抜いていくためにはインターネットを活用した情報の受発信の力が必要だということを理解してください。

まずはSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)という、無料で利用者登録をした人だけで情報のやり取りができるツールを活用できるように準備しましょう。

  • Twitter(ツイッター)
  • FaceBook(フェイスブック)
  • LINE(ライン)
  • mixi(ミクシー)
  • Instagram(インスタグラム)

など、が代表的なSNSとしてあります。

個人的にオススメなのは、不特定多数の方と気軽に交流できる「Twitter(ツイッター)」か「FaceBook(フェイスブック)」です。

今は「炎上」と言われる、多くの非難を一度に浴びる現象も起こり得ますが、ルールとマナーを守って使っている間にそのようなことに遭遇することはほぼありません。

まずは「受信」に専念して、様子を見ながら利用していくと良いでしょう。

 

まとめ:「時間の掛かる準備」は今すぐ取りかかることが大切

今回は「合格後すぐに準備するべきコト編」として、以下のことを紹介しました。

新任教師の準備「時間がかかるモノ編
  1. パソコンスキルの習得
  2. 自動車運転免許の取得
  3. マナーの習得
  4. SNSでの情報受発信力の習得

これらは準備に時間のかかるものばかりです。

時間の掛かる準備は、後回しにせず今すぐ取りかかることが大切

です。

仕事が始まってから「やっておけばよかった・・・」では済まされないコトばかりです。

とくにめんどくさがり屋の方は、自分をシッカリとコントロールして早い段階で準備に取りかかるようにしましょう。

 

あわせて読みたい

▼「新任教師の準備」について、次の「STEP2/3」について知りたい方はこちらの記事へ

新任教師がデビュー1か月前から準備するべきこと

2018年8月12日

▼「新任教師の準備」について、「最も大切なコト」について知りたい方はこちらの記事へ

新任教師の準備「プラスα編」~人として魅力ある教師になるために~

2018年8月6日

▼「新任教師の準備」について、合格直後から春の着任直前までの流れを知りたい方はこちらの記事へ

新任教師の準備マニュアル~着任までにするべき3ステップ+α~

2018年8月13日
おすすめ動画はこちら

▼「新任教師の準備」について、身に着けておくべきスキルを知りたい方はこちら。

「教採合格後…春までに身に着けたい見落としがちなスキル」~教採合格者必見~